大学受験参考書が高く売れる買取のお店

お知らせ

学参プラザは、

期間限定で全品買取価格5%アップキャンペーン

2018年1月1日〜1月15日まで

どうぞご利用ください。

学参ブックスはこんな方におすすめ!

 

学参ブックスはいろんな方が利用されています。
しかし、こんな方は特におすすめですね。

 

  • ・予備校で使ったテキストをお持ちの方!!

 

テキストなんて、普通は全然相手にしてもらえません。
ところが、こちらは、それがお金になるんです。

 

ある口コミを見つけました。

 

私ではなく古い友人から聞いた話になりますが、
以前「“学参ブックス”っていうのがお得だ」と喜んでいたことがあります。
もし予備校で使ったテキストなら、書き込みとかあればあるほど高く買い取ってくれるようですよ。

 

学参ブックスの本買取で取り扱っているものは
こちらなんですね。

 

  1. 参考書・問題集・赤本・雑誌等の書店で市販されている商品
  2. 予備校テキスト・塾内教材
  3. 模試
  4. CD・DVD教材

 

テキストでも、学生さんにとっては、どんな内容なんだろうって、
知りたいですよね。

 

ですから、実際の講義の内容・ポイントとかが書かれてあったり、
それが、有益と判断されると、高い値で売れることもあるということですね。

 

学参ブックスのメリット・デメリット

 

メリット

  • ・予備校講座情報が書かれているテキストなら買取額UP
  • ・ISBNコードが付いていない古い物の買取も可能
  • ・買取点数20点以上なら送料無料
  • ・段ボールは無料で提供してくれる
  • ・振込手数料は無料
  • ・集荷サービスが利用可能
  • ・古本屋で売れないような物も売れる
  • ・傷があるDVDでも売れる
  • ・宅配買取なので自宅にいながら売れる

 

 

 

デメリット

  1. ・書き込みがある赤本の買取は不可
  2. ・一点一点の査定額は教えてくれない
  3. ・買取出来ない参考書・テキストの返送料は自己負担(処分は無料)
  4. ・普通の本は安い

 

 

春は何かと引っ越しとうで忙しい時期ですよね。
ですから、受験参考書を売るにしても、

 

面倒なことはしたくないでしょう。家で、送るだけなら簡単で便利ですよね。
ですから、まとめて、全部送って、ダメなら処分してもらうぐらいが

 

返送料もかからずに、いいかと思いますね。

学参ブックスの口コミ

 

段ボールは素早く到着しましたが、査定の連絡、振込は未だ応答がありません。
3日で完了するはずが、もう10日を過ぎています。
問い合わせのメールにも応答はありません。
詐欺にあったと思っています。

 

ウェブの表記は過大広告です。
書き込みがあって評価されない基準がなく、期待だけもたせています。
ウェブ画面に電話番号がなく、サイトにも運営会社が公開されていません。
1週間査定どころか2週間以上も返事がなく、査定結果にへ質問メールにも回答が来ません。

 

東大入試対策の問題集、赤本、駿台、河合のテキスト類などまとめて30冊程度買取してもらいました。
この手の買取店の利用は初めてだったのですが、大変満足いくお値段をつけていただけたと思って感謝しています。
ちなみにトータルで1万5千円ほどでした。
充分な金額だと思います。

これから売る方へ・・・新年度に向けて需要が高まるので受験が終わって即座に売るのがベストです。
僕自身も、すぐに手離したことで高く売れたんだと確信しています。

 

なぬ、予備校のテキストや問題集でも書いとってくれる古書店があるってか。
普通はそういうものは売れないのが常識だろう。
実際、大学に入ってすぐの頃、邪魔だったし、何よりお金が欲しかったので、
手持ちの参考書や問題集を全部持って、随分あちこちの古書店を回った。
しかし、買い取ってもらえたのは、本当にほんの一部の参考書だけで、大半は持ち帰りとなり、
今までずっと放置状態になっている。
そこで、早速出してみる事にした。
一冊残らず梱包し、送ったところ、これが見事に売れた!
金額的には500円ほどだったが、売れた事がとにかく不思議で、何となく有り難かった。

それに、もう10年以上も前の参考書や問題集がお金になるのである。
当時、最新の状態だったら、恐らく2倍以上にはなってただろう。
まあもっとも、この学産ブックスは、どうやらまだ出来て10年ほどらしいので、
当時はいくら探してもなかったはずである。
そういう意味では、実にもったいなかった。
娘と息子が受験生になった時には、是非活用させたいと思う。
そのためにも、今後もずっと続けて欲しいと願わずにはいられない。

 

ここは予備校のテキストや問題集でも書いとってくれるというのは確かです。
実際、今回買い取ってもらいました。
ただ、一部の情報では、書き込みや線引きがあってもOKだと聞いていたのですが、
やはりそういうのはNGのようです。
なんでも、今では入手困難になった参考書で、それでも欲しい人が多いような所謂希少価値の高いもの、
そういうのは、線が引いてあったりしても買うという事みたいですが、
新しくて似たような物が沢山あるようなものについては、やっぱそういうのは駄目なんですね。
結局、半分以上に書き込みや線引きのあった自分の荷物は、殆どが当店で処分という形になってしまい、
振り込まれた金額は、350円!
もし線とかが引いてなかったら、それらにも全て査定額が付き、かなりのお金になったようです。

でも、受験勉強してる時って、とにかく必死だし、予備校の先生なんかでもすぐに、
ここ重要とかって、線を引くように言うじゃないですか。
だから、ついつい書き込んじゃうと思うんですよね。
そういう事を考えると、もったいないけど、果たして、
後々そのテキストや問題集を売るという事を考えている人なんて、どの位いるのでしょうか。
まあそれでも、一部でも売れたんだから、いいとは思ってますけどね。

 

受験勉強のための問題集は、古本屋に出せないのが当たり前!
参考書だって、買い取ってもらえる物は限られていて、ごくごく僅かだと言われていましたから、
それが当たり前なんだろうとずっと思い込んでいました。
もちろんそれは私たちが若い頃には当たり前だったんです。
でも、今は、それはそれで専門に買い取って販売している謂わば
受験生のための古書店のようなものがあるのだとママ友に聞いてビックリ!
で、早速調べ、息子の部屋を片付けるべく、受験のために買いそろえた参考書と問題集と赤本、
全部で20冊ほどありましたが、それをひとまとめにして送らせていただきました。
幸いにも、息子は現役で合格したため、数は少なかったのですが、全てが昨年買った物ばかりで、
それが良かったらしく、全部で2,000円以上になりましたよ。

これは思わぬ事で、本当に有り難かったです。
これでお正月に息子が帰って来た時に、美味しい物を何か作って食べさせてやりたいと思っています。

 

学参ブックス >>