大学受験参考書が高く売れる買取のお店

お知らせ

学参プラザ

【買取価格最大20%アッププログラム】

1.査定結果自動承認で5%アップ
2.買取代金Amazonギフト券支払い選択で5%アップ
3.段ボール無料送付無しで5%アップ
4.基本査定金額5000円以上で5%アップ


それぞれ、個別に5%ずつアップします。

最大20%アップキャンペーン!

ぜひ、狙ってみてくださいね!

赤本を売るならどこがいいの?

赤本って、大学受験のいい思い出というか、
お世話になりましたなぁ〜って、
愛着のある受験参考書いじゃないでしょうか。

 

 

できれば、大切にしておきたい・・・とかって、わたしだけ?
でも、あれこれ集めた(汗)の赤本を
全部持っているのもなんだしぃって、売りたいんですよね。

 

 

まず、赤本に限らず、本を売ったことがない!
そんな受験生が多いんじゃないでしょうか。
わたしも、思い起こせば、そんな感じでしたね。

 

 

片田舎の町にそんな気の利いたサービスがあるのけ?って・・・
まあ、受験終わったから、要らなくなったら、
そのまま、箱かなんかにつめて押入れかどこかへって、
そうでしょうね。

 

 

でも、なかには、
「引っ越ししうるんだから、ちゃんとキレイにしなさい!」って、
厳格なお母さんもいらっしゃます。

 

 

最初に、思い浮かぶ古本屋ですけど、
まず、お近くにはあまりないんじゃないでしょうか。
わたしのときも、電話のしまくりでした。

 

 

なんも、わからんから、電話帳から、
それらしい、本屋を見つけては、電話かけてました。
いまでは、大手のチェーン店あるけど、
だいたいが、二束三文か、100円とか・・・

 

 

泣けるよなぁ〜・・・これが現実か!って。
でも調べてみると、あるんですね。

 

 

自宅に居ながらにして、赤本を詰めるだけ、
そんなサービスをしてくれるところが幾つかありました。

 

 

なかでも『学参プラザ』は一押しです。
どうせ売るなら、いいところがいいじゃないですか。
信頼あって、買取価格も高いし、
ちょっとしたおこづかいがすぐに手に入る。

 

 

ですから、赤本を売るならネットを利用したほうがいいです。
手間いらず、サービスよし、お金もいいから。

 

 

ただし、あまりにも汚いと足元見られますから、
ちょっとは、キレイにしておいたほうが良いですよ。

 

 

赤本を売るなら・・・の情報でした。
上手に売ってくださいね♪

 

学参プラザ >>

 


関連記事はこちら!

赤本売るならどこのお店がいい?買取価格は高い方がいい!

赤本って、大学受験のいい思い出というか、お世話になりましたなぁ〜って、愛着のある受験参考書いじゃないでしょうか。できれば、大切にしておきたい・・・とかって、わたしだけ?でも、あれこれ集めた(汗)の赤本を全部持っているのもなんだしぃって、売りたいんですよね。まず、赤本に限らず、本を売ったことがない!そ...

≫続きを読む



予備校のテキストって売れる?買取店選びで決まる!

大学受験で予備校に通う受験生はとても多いです。それで各予備校のテキストを使われます。教材などもありますよね。大学受験が終わると、受験参考書を売る方が増えます。その際に、予備校で使ったテキストは売れるだろうか?と考える人がいます。あるいは、最初からスルーするなど、お店からするともったいない!一般的な認...

≫続きを読む



受験参考書を売る時期はキャンペーン実施中がベスト

大学受験が終わると、ウキウキで入学後の生活や卒業旅行などで忙しくなるでしょうね。戦い終わって、先のことばかりに関心が移りがちです。新居にしても、買うもののリストなど、楽しい時間がやってきます。古い参考書の山はとりあえず、箱にぶん投げてしまっておくとかを目にします。あるいは、そのまま書棚に立てかけたま...

≫続きを読む



大学受験参考書の買取なら宅配買取がおすすめ

大学受験参考書や教科書などの処分を検討する場合、破棄を決断するのはダメ!リサイクル、買取など別の方法があり、いまでは大いに利用されているサービスです。そこでおすすめなのが宅配買取なんです。大学受験参考書となると、受験生は大概多くの参考書を所有しています。それで頑張ってきたわけですね。受験戦争を戦って...

≫続きを読む



受験参考書を売るときのダンボールの荷造りのコツ

受験が終わって合格で嬉しい時期を迎えますよね。それで、大学生活を夢見て、いろいろ考えるのもいいこです。しかしそこで、これまで使った大学受験参考書類の整理を済ませることも大切です!部屋がキレイになるだけじゃなく、新しいうちに売ることでかなり満足するお金を手にできるからです。なんか、めんどうぉ〜こんな気...

≫続きを読む